So-net無料ブログ作成

国境なき記者団、「インターネットの敵」を発表--中国、イランなど

 Reporters Without Borders(国境なき記者団)によると、中国とイランは、インターネットにおける自由に制約を与える世界最大の「インターネットの敵」に含まれるという。しかし、オーストラリアや韓国のような民主主義的な国家においても、懸念が高まっている。 国民がオンラインで閲覧できるコンテンツを検閲し続け、それに抵抗する組織を押さえつけようとする国が存在する中、自由の制約を巡る戦いがインターネット上でますます頻繁になっている。検索結果のフィルタリングをめぐって繰り広げられているGoogleと中国の間の論争は、その1例にすぎない。 しかし、Reporters Without Bordersが米国時間3月15日にリリースした報告書(PDFファイル)によると、中国のような抑圧的な国家体制だけが、そのような動きの根源ではないという。世界中において報道の自由を求めて活動を展開する同団体は、インターネット上の自由を制約しようとするいくつかの国家を挙げている。 インターネットの敵のリストには、Reporters Without Bordersが呼ぶところの「インターネット上で表現の自由を最も侵害している国」として、サウジアラビア、ミャンマー、中国、北朝鮮、キューバ、エジプト、イラン、ウズベキスタン、シリア、チュニジア、トルクメニスタン、ベトナムが挙げられている。2010年のインターネットの敵は、2008年のリストに挙げられた国々とほぼ等しく、中国、イラン、キューバ、北朝鮮などは、このリストの常連である。しかし、Reporters Without Bordersは2010年、インターネットを検閲する国として、2009年の2倍の60カ国を挙げた。 これらのうちの数カ国は、世界の他の国々から孤立しており、そのためにインターネットのオープン性に対し、特に恐れを抱いている。またReporters Without Bordersによると、国内のインターネットの発展を制限したり、時には故意にインターネットを遮断したり遅延させたりする国もあるという。 リストに挙げられた国の中には、ウェブコンテンツを抑圧したり制限したりするだけでなく、ブロガーやインターネット活動家に対して嫌がらせをしたり逮捕したりする国もある。現在120人近くのブロガーやサイバー反体制派などが、オンラインで自分の意見を述べたことを理由に投獄されているとReporters Without Bordersは述べる。同団体によると、最も厳しいのは72人を投獄した中国で、ベトナム、イランがそれに続くという。 トルコとロシアも今後の動きが気になる国である。両国は現在、Reporters Without Bordersの「監視中」リストに挙げられている。この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。原文へ

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。